開業支援

一般的な企業や店舗の開業とは違い、調剤薬局・医院・介護施設などの開業には、立地選定(マーケティング)、建物・内装設計、事業計画の作成、金融機関との融資交渉、関係省庁への許認可、職員の採用や医療機関との関係づくりなど、多岐に渡った専門知識が必要となります。
株式会社リーズンコンサルティングでは、中小企業診断士・医業経営コンサルタントの資格を持つ経営コンサルタントが、調剤薬局・医院・介護施設の新規開業を総合的にサポートいたします。

医療モール・医療ビル・介護施設の企画開発

株式会社リーズンコンサルティングは、関西エリアを中心に、医療モール・医療ビル・介護施設の企画開発をおこなっております。
これまでに培ってきた豊富な経験と知識、またネットワークを駆使して、不動産会社・建築会社・金融機関などとの連携力を発揮することにより、地域の医療・介護ニーズに応じた物件開発を目指しています。

PAGE TOP

開業・開局コンサルティング

開業・開局チャート<調剤薬局のケース>
経営理念の確立
開業を決意されたらまずは経営理念を確立します。他業界を見ても、成功を収めている企業の多くは「理念経営」を実践しています。これから目指すスタイルはどのようなものか?患者様やご利用者様、また地域に対してどのような役割を果たしていきたいのか?など、事業遂行における基本的価値観と目的意識を具体的に言葉にし、経営理念として掲げます。
コンセプトの構築
例えば調剤薬局の場合、門前・マンツーマン・医療モール・面分業など、どのような調剤薬局を作るのか?を決定する必要があります。
立地条件の選定
新規開業には慎重な立地選定、マーケティングリサーチが必要です。医療機関との位置関係や駐車場の有無、人の通行量などを徹底調査し、採算の取れる立地を選定することが重要です。
経営ビジョン・事業計画書の作成
将来の経営的な目標値を決定します。「明確なビジョンの無い経営はうまくいない」と言われるように経営ビジョンを達成するための事業計画を立案します。事業計画書は銀行からの資金調達のために作るものではありません。経営ビジョン達成のための「道標」です。当社では、戦略的マネージメントシステムである「バランススコアカード」を活用した事業計画書をクライアント様と共に作成しています。
資金計画の作成
事業計画に基づき、資金計画を作成します。
自己資金、公的・民間金融機関からの融資のバランスを重視した有利な資金調達を支援します。また、同時に資金繰り計画も作成します。
建設計画の作成・調剤機器の選定
患者様視点に立った、患者様が使いやすい薬局にすることが大切です。また適正な建築業者を選定したうえで、図面上で十分に検討を重ねることが大切です。
調剤機器については、お金を出せばいくらでも高機能なものが買えますが、資金や規模に応じた程度にすることが大切です。どのような薬局を作りたいか?という経営理念を判断基準とすれば良いでしょう。
各種申請手続き
薬局開設許可申請、保険薬局指定申請、薬剤師会入会届、税務署への開業届など多岐に渡ります。開業する地域や業務内容によって異なる場合がありますので、注意が必要です。
人材の採用・教育
どんな人材を求めるのか?何人必要なのか?を明確にする必要があります。経営理念・経営ビジョンを共有できるような人材採用・育成を心がけましょう。
広告宣伝計画の作成
ホームページやブログを使った情報発信は必須といえます。面の患者様をいかに囲い込めるかがこれからの新規開業には重要なポイントです。また、地域の医療機関などへの挨拶回りを計画的に実施しましょう。
調剤薬局開業
開業後は、事業計画との差異を分析し具体的な対策を実行することが大切です。PDCAサイクルを廻し続けることが成功の秘訣です。

【バランススコアカードとは?】

バランススコアカード(BSC)とは、「財務・顧客・業務プロセス・学習と成長」の4つの視点で経営戦略を策定し、その実行を管理するための「ナビゲーション経営手法」です。バランススコアカードを活用することで戦略を可視化(見える化)するための「戦略マップ」と、戦略の実行を管理する「スコアカード」を作成し、Plan(計画)・Do(実行)・Check(進捗管理)・Action(見直し)を確実にします。

詳しくはこちらからご覧ください。

PAGE TOP

開業・開局までの流れ

PAGE TOP